上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





コーキング(防水用のパテ埋めにたいなの)されていない部分を紹介します。




木が丸見え(1)


木が丸見え(2)


木が丸見え(3)



業者A:『5年も経てばコーキングが劣化して張り直しが必要になる時期でもありますね。』

業者B:『10年保障しているので、それなりに厚塗りをするなど、方法は幾らでもありますが、10年耐久のコーキング剤は無いんです。』

劣化云々の話では無いと思うのは「私だけ?」
※左上部は確かに”劣化”しています。でも木目が完璧に出ているので、横からの雨の場合、OUTでしょ?


スポンサーサイト





瑕疵担保責任の特例(第87条~第90条)にて、
「新築住宅の構造耐力上主要な部分、及び雨水の侵入を防止する部分」
について、引渡日から10年間の『瑕疵担保責任』を義務づけられる事となりました。

<対象となる部分>
新築住宅の基本構造部分(基礎、土台、床、柱、壁、斜材、小屋組、横架材、屋根、及び雨水の侵入を防止する部分)

<瑕疵担保の期間>
・完成引渡から10年間であり、10年未満の期間短縮の特約は認められない。
・『瑕疵担保責任』の期間は、"特約"を結ぶ事により20年までを上限として伸長が可能です。


テーマ:耐震偽装問題 - ジャンル:ニュース







| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2006 やべ、欠陥住宅だったよ!, All rights reserved.











★マイホーム購入から早5年、色々な出来事がありました。購入時の珍問答、庭の手入れ、住宅ローン、借換メリットなどを中心に。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。