上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





今まで信頼の無かった工務店から、
「(雨漏り)工事完了しました!。」と。誰が信じられますか?

指摘した個所以外に関しては、「そのとき対応します。」と、
素人以下のお答え。


公的な審査機関も怪しい昨今ですが、「全国雨漏検査協会」というのを見つけました。


検査には何やら、紫外線に反応する光る液体を使い、家の中から雨の進入経路をたどるらしい。
これは頼もしい。

費用は木造二階建てで15万円~でした。










「住宅品質確保促進法」により、
新築住宅の「基本構造部分」=「構造上主要な部分」+「雨水の侵入を防止する部分」
に対して、完成引渡しから10年間の瑕疵担保責任を、住宅供給者に義務付けされました。


スポンサーサイト






i-282i-15315万!高いですね~。
自腹ですよね?痛いですよね。
この分もどうにかして欲しいですよね。
【2006/03/07 02:25】 URL | コイケ #-[ 編集]
いつもコメントありがとうございます。
そうですね、自腹は痛いです。

でも、
1.施工業者はそこまでしない。
2.自腹で調査
3.『瑕疵』が判明
Yes⇒小額訴訟を起こし、これらの料金も含めてしまう!
No⇒まあ、手遅れになる前に検査しといて良かった!

という事を考えていますが・・・。




【2006/03/07 13:07】 URL | 管理者 #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する



▲ Page Up

| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 やべ、欠陥住宅だったよ!, All rights reserved.











★マイホーム購入から早5年、色々な出来事がありました。購入時の珍問答、庭の手入れ、住宅ローン、借換メリットなどを中心に。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。